Chikura  ・近影

Chikura - Recently

縁側で、親友のザリガニ君と共に終日スキンシップで親交を温める。 

・・chikuraと言うのは幼年期に兄から付けられたあだ名、加工食品のちくわを発音できず、ちくら、ちくら、と・・(T_T)

I deepen my friendship with my best friend Crayfish every day throughout the day.
The name "Chikura" is the nickname that my elder brother named.  I could not pronounce CHIKUWA of processed food, I called it Chikura Chikura ... (T_T)

あのねぇ、わたし困るんですよ・・私が絵を描いている輩だと知ると、大抵の人は「絵描き」というバイアスの架かった既成観念から、チョット変わった人間の筈だと、勝手に判断されてしまうんです。

でもね、私、自分で言うのもなんですが、ごく普通に、普通なんです。

 

一般的に思い込まれている「絵かき像」は伝記に登場しそうな情熱的に何かに没頭する演劇的自己陶酔タイプか、配役が演じる悠然とパイプを燻らす凡庸に演出されたベレー帽姿。 いずれにせよ、一般社会から遊離した価値観と外見で「例外的に容認してあげてる面倒臭い輩」といった解釈が定着しているようです。

あるいは、人里離れた山に籠もって下界からの接触を断ち、ひたすら高邁な思想を懐いて創作活動に没頭する・・な~ぁんて訳でも残念ながら私は該当しませんからねぇ。。

そもそも、単に絵を描き続けていると言うだけで「芸術家」と言う不可解な称号を与え、意味もなく祭り上げる社会風潮には適応できませんでした。巷で見掛ける其の境遇を盾にして衒う輩は虫唾が走る程に嫌いでした。

私は、予防接種こそ打ってはいませんが、いきなり通りすがりの他人様に噛み付いたり、自分の耳を削ぎ落としたりもしていません。 机の前で苦虫を噛み潰した苦悶の表情を拵え、時折、もの憂げに天井を見上げて頭を搔きむしったり、奇声を張り上げたりもしていません。( ・・そもそも、残り少ない髪の毛を、誰が粗末に扱いますか! )

でも、だからって、街中を本来のお気楽モード全開でヘラヘラと徘徊行動を繰り返してもいませんよ、不審尋問に引っ掛かりますからね。

・・(でも、一度だけ東京駅構内で経験したなぁ・・4.5人の私服警官に取り囲まれてバンザイさせられて・・。。。(>_<)) 

 

わたしは、健気にも社会生活の規範に忖度し、ごく普通に取り繕いながら、善良な小市民を気取って日々生活しています。

白砂 泉 / 略歴

 

1947  大阪府堺市生まれ

1967  専修大学法学部・中退

    自由美術展・初入選 - 以降~1980迄毎年出品。

1968  自由美術展・佳作作家に推挙

    東京芸術学園(画塾)油絵専攻科卒

1969  トーキョーアート展・結成参加 ~1973迄毎年出品

    自由美術展・佳作作家に推挙

1973  個展(銀座・フジヰ画廊)

1974  曙新人展・最優秀賞 (立川・曙画廊)

    美術文化展・プールブー賞

    マルシェ絵画展・最優秀賞(銀座・G.マルシェ)

    自由美術協会・会員に推挙

1975  個展(立川・曙画廊)

1976  東京展・参加出品

    自由美術協会員による下絵展(吉祥寺・画廊駱駝館)

1977  個展(吉祥寺・画廊駱駝館)

1981  自由美術協会・ 退会

1983  草人展結成に参加(銀座・地球堂ギャラリー)

1984  アジアの中の日本展(パリ・エスパース.ジャポン)

1985  個展(銀座・ギャラリー三真堂)      

      |

      | ~ 活動休止 ~(T_T)

 

      |

2010  グループ展(リッチモンド・ルーファンス.リン・G)

    東京芸術学園OB展「2016まで隔年参加」(国分寺・司画廊)

 

 

                              現在=無所属・東京在住

Izumi  Shirasuna  / Biography

1947 - I was born in Osaka Sakai city

1967 -  Senshu University. Faculty of Law - Dropped              
            out halfway
   Jiyu-Bijutsu exhibition  Passed contest. 
             1967 ~1980 (Tokyo Metropolitan Art Museum)

1968 - Jiyu-Bijutsu exhibition.Masterpiece Artist award.          
            (Tokyo Metropolitan Art Museum)
   Tokyo Art School (Private Art School) department of                              oil painting    

1969 - Tokyo Art exhibited 1964~1973 (Chikyudo.G,) (Tsubaki- 
             kindai.G,) (Mudo.G,)
   Jiyu-Bijutsu exhibition, Masterpiece Artist award.      
             (Tokyo Metropolitan Art Museum)

1973 - Private exhibition  (Ginza, Fujii Gallery)

1974 - Akebono newcomer exhibition   Best prize award.
            (Tachikawa, Akebono Art Gallery)
   Bijutsu-Bunka exhibition · Poolboo Award. (Tokyo                          Metropolitan Art Museum)
   Marche Art exhibition, Best prize award. (Ginza, G. 
            Marche)
   Jiyu-Bijutsu Association,Organization members.

1975 - Private exhibition. (Tachikawa, Akebono Art Gallery)

1976 - Tokyo-ten exhibition Participation (Tokyo 
            Metropolitan Art Museum)
   Sketch exhibition by  Jiyu-Bijutsu members. (Kichijoji, art                      gallery Rakuda-Kan)

1977 - Private exhibition. (Kichijoji, Art gallery Rakuda-Kan)


1981 - I left  Jiyu-Bijutsu Association member 

1983 -  Soujin-Kai exhibition   (Ginza, Tikyuudou      
             Gallery)

1984 - Japanese Art Exhibition in Asia (Paris, Espace -                                      Japon)

1985 - Private exhibition  (Ginza, Sansindou - Gallery)

                 |
                 | ...       deactivation - (T_T)
                 |

2010 - Japan Exhibition (Richmond.RufenceLee-G,)

            Tokyo Art School O, B, members' exhibition.        
             2010 ~ 2016 participation every two years.
            [Kokubunji,Tsukasa G,] 
           

 

 

              I do not belong to any art group right now.
              I live in Tokyo Japan.

              白砂泉の絵画と歩みの経歴

 

小学生時代、担任からクラス全員への調査で将来何になりたいかと問われた。一人一人が順番に、社長、プロ野球選手、医者、バレリーナ、スチュワーデス、と好き勝手なことを表明していた。順番が回ってきた私はタクシーの運転手と皆の前で答えていた。でも本当は、全くそうは考えていなかった。それ以外他には考えたことも無かった”画家”だなんて恥ずかしくて口には出せなかったからだ。

絵との付き合いはご多分に漏れず幼少期からだが、褒められたり特別視され、目立つことを何よりも恐れ避けようとするシャイな子供だった。 それでも小学一年の時最初に描いた絵が廊下に貼り出された。枝から木の葉が一二枚舞い落ちる鉛筆画だったが、こんなのが大人には喜んで貰えるのかと、次に描いた絵では沢山の葉っぱを頑張って散らせてサービスしたが、無視されてしまったのを憶えている。

私は歳の離れた四人兄姉の末っ子だった。それ故、幼年期から殊更に可愛がっても貰えたらしいが、力関係の圧力も格段に強く常日頃から上からの意向に背かぬよう仕込まれ、応えてきた。 庇護される自分の立場を維持するために、何事にも控え目で遠慮気味な行動と態度が自然に培われていった。 大人しい良い子を演じ、振る舞い続ける事は重荷で周囲の評価とは乖離した違和感は増す一方だった。

大人になってからも、言動の齟齬から生じる誤解で人間的な評価を貶められることがあったが、それは却って快感で、そのまま弁解せずに放置しておく事は屡々あった。むしろ其の下された評価の方が、演じ上げた普通に無難な良い人ととの評価を裏切り、呪縛から抜け出せた開放感に浸れて気持ちは安らんだ。

取り敢えず流れに沿って大学に入学したのを機に、親に遠慮していた油絵を独学で始めた。大学教授で画家だった叔父が「日展」に出品していたので、子供の頃から毎年誰かに連れられて観に行っていた。情報量が少なく、其れ以外の美術団体の認識もなく、観る機会もなかった。 当時はモナリザ展や、17世紀ヨーロッパ名画展に感銘を受けたり、画集でしか識らないがキリコやダリの作品に強く惹かれていた。 今から思えば無謀だが、油絵を描き始めて3.4作品目の絵を都美術館で秋開催される某美術展の公募にコッソリ応募した。 勿論、今まで観たことも聞いたこともない公募展に委細気にせず、なけなしの小遣いから選考料を払い、これまた非常識にも6号8号と言った小さ過ぎる作品を搬入し、見事に落選した。

しかし、その頃の私には落選が流石にショックで大学を中退。美術雑誌から沢山集めた入学案内要項から、営利目的・的ではない、最も良心的に思えた研究所に願書を提出した。

そして青春時代に学び通う事が出耒たのは、今は存在しないが(東京芸術学園)という名称の画塾だった。 千葉周作・赤銅鈴の助・後にNHKの大河ドラマ「龍馬伝」でも知られた北辰一刀流『玄武館』の五代目館長で洋画家の今は亡き小西重治郎氏が道場に併設した画塾だった。 そこで小西重治郎、石子順造、ヨシダ・ヨシエ、松井淑夫、高橋由明、河尻隆次、大和修司氏等の指導を授かり絵画の創作基盤を学んだ。

今はそうは考えないが、当時、印象派の作品は「凡庸」と受け止め全く興味が持てなかった。キリコ、ダリ、モンス・デシデリオ、ウンダーリッヒ、フリードリッヒ、ベルメール、ベックリン、マグリット、ジョージ・セガール、日本では池田満寿夫、木村忠太、あたりに関心は向いていた。

​選択肢の少ない当時、日本において画家としてスタートを切る最初の関門は、都心の美術館で開催される、主要美術団体展の公募に取り敢えずは入選する事と漠然と理解していた。初入選者名は大手新聞の地方欄にも掲載されていたが、そんなものかと思いながらも先輩が入選した事を知り、会の特徴も理解しないまま応募したのが、自由美術協会との出会いだった。 当時、「自由美術展」は反権力、反体制を標榜する反官色の強い美術団体で毎年会期中にはその年のテーマとするスローガンを掲げていた。

13年間協会に所属し、生前の西八郎氏には特にお世話頂き感謝しているが、毎年秋になると決まって大作を描くマンネリズムと、イデオロギーの圧力を感じるスローガンに違和感と窮屈さが増し、出品を控えて退会した。 ​個展も数回開催したが、グループ展以外は全て貴方任せの企画展か、第三者の推薦によるものばかりで、幼少期から引き継がれる性はそのままに自らが能動的に開催した個展はまだ一度も無い。

絵描きは喰えないのは当たり前と、よく言われていた。其れは覚悟の上でも、いわゆる売り絵で生活を支えようとは考えなかった。学生時代、デート代を稼ぐため運送会社のトラック助手や、豆腐屋の早朝バイトで凌いだが、切羽詰まり、2.3点の絵を予約もとらずに銀座の画廊に持ち込んだ。幸い買い取って貰え個展までの運びにはなったが、決して座り心地の良い状態ではなかった。

結婚後、経済的な安定の確保も必要となり、27才にして初めて普通の会社勤めを始めた。日本橋を拠点とするチーク材専門の高級食器・文具のメーカーで、各デパート相手の営業職に赴いた。その間、他の画廊や、出版物の表紙やカット等の仕事も受けて食い繋いでいたが、5年続けた営業職はやはり肌に合わず円満に退社。退職金で夫婦でアメリカ放浪の末、再び就いた仕事は都内の中小零細の出版印刷会社だった。そこではデザイン部を勧められたが、希望通りに作業着姿で油まみれの印刷工見習となった。

馴れない仕事で半年に10キロ痩せたが、社内の人間関係は良好だった。子供も増えたこの頃は断筆状態で日々を消耗していた。23年間務めたその会社が倒産。その後ホテルマンや市役所の警備員にも手を出したが、いずれも続かず。今は爪に火を点す年金生活で凌いでいる。

​面倒臭がりやの私だが、何を遣れば良いのかサッパリ判らないまま始めたのがFacebook。知り合えた色んな方々からの御支援を賜り、新たに作品を描き続ける意欲の支えとなっているのが現状である。

​                    感謝 !

                  『解す糸の彼方に』     ヨシダ・ヨシエ (美術評論家)


                    
『みっともない人体』を著したバーナード.ルドフスキーのように、人間が飽くことなく考案した衣装の側から肉体の関係を考察しなくとも、均整のとれた裸体は、やはりうつくしいものだとおもう。 白砂泉が描くとってもプロポーションのいい女たちは、リサ.ライオンのように逞しい。リサは篠山紀信のカメラや横尾忠則の絵筆の前で、きらめくような存在を誇示したが、白砂泉の画面に登場する女は、筋肉の軌跡を空間に残像のようにのこして、油彩やアクリルによっておおわれたキャンバスのなかに消えてゆきそうである。特に近作に顕著な、肉体をなぞる線は、人体から青白い筋のように表出されてきて、しぐさや筋肉の動きを記号化し、存在を向こうへ押しやっているようにみえる。 閃光のなかで、一瞬とらえたセンシュアルなアフター.イメージ、または、不倫の夢のように。存在そのもが、風景、あるいは夕闇のような空間と同質化したがっているのだ。 

 実態とは、人間の存在とは、果たして何かと、白砂泉はせつなく問うているように、わたしにはみえる。  白砂泉という、このすぐれた描写力を持つ青年に遭ったのは、おそらく十七、八年も前の事だろう。わたしが時折通っては、ウイスキーを舐め々々、無頼なレクチュアをつづけていた、ちいさな研究所の学生だった。その後彼は、ルネ.マグリットの強い影響下に、トロンプ.ルイュふうの作品を描き、いまは亡き石子順造がとりあげたのを覚えている。 1971年の国立近代美術館での、おおがかりなルネ.マグリット展は、白砂泉に転機を与えた。 『良識』と題された、テーブルの上に何も描かれていないキャンバスの額縁が置かれてあり、その上に洋梨を盛った器が描かれている絵をみたとき、その描く姿勢は、ひたすら視覚の位置をずらすことのみに集中され、存在そのものへの問いが欠落しているようにおもわれた。 これなら立体でも可能だ。 白砂泉は、トロンプ.ルイュを通して、
存在の曖昧性の方に関心があったのである。 存在が美しい姿体をとればとるほどに、逞しく実在を誇示すればするほど、白砂泉は不在との距離のなかに埋没してゆくあの芸術にとって不可欠の曖昧の空間の幅を厚くしてゆくのである。 

 

    

             "Beyond the thread to unravel"-- YOSHIDA YOSHIE
                    (Art critic)

Like Bernard Ludowski who wrote "The Uninvited Human Body," I think that a well-balanced naked body is fine, even without considering the relationship of the body from the side of the costume that human beings have devised without getting tired.
The women with good proportions drawn by the Izumi Shirasuna is as lonely as the Lisa Lion, who shows off a shimmering presence in front of the camera of Kishin Shinoyama and the brush of Yokoo Tadanori, but appears on the screen of the Izumi Shirasuna It is likely that the woman who will move the muscle track will be an afterimage in space, and will disappear in the canvas covered with oil and acrylics, especially the lines that trace the body, which is prominent in recent works, from the human body. It looks like it's appearing like a sign of movement and muscle movement, and it seems like it's pushing the presence away in a flash, like a sensational after-image or a dream of immoral Existence itself wants to be homogeneous with a space like a landscape or dusk.

 

The reality is that the existence of human beings is as if I was constantly asking the Izumi Shirasuna and I seem to be. The white sand fountain, a young man with this excellent depiction power, is probably seventeen and eight years I was a small laboratory student who continued to give a whiskey, an unreliable lecture, and I followed him, under the strong influence of Rene Magritte, He draws the work of Trompluil and remembers that the late Junichi Ishiko picks up, and it is a large scale exhibition at the National Museum of Modern Art, 1971. The Magritte exhibition turned Izumi Shirasuna into a turning point: a canvas frame with nothing drawn is placed on the table, entitled "Sensible", and a bowl filled with pears is drawn on it When Izumi Shirasuna saw the picture he was drawing, the attitude he drew was concentrated solely on shifting the position of the eye, and it seemed that the question to the existence itself was missing. Through the Trompluili
The more ambiguity of existence was of interest, the more beautiful the appearance of the body, the more proud the reality was, the more Izumi Shirasuna is buried in the distance to the absence. We will increase the width of the vague space that is essential for art.

 Copyright ©2018 CHKURA. All Rights Reserved